四十肩・五十肩の症状と治し方

四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩。呼び方は違ってもその症状は全く同じものです。

その言葉の通り、40代の時にこの痛くて肩が上がらない症状がでたら、それを四十肩と呼び、50代になってこの症状が発症すればそれを五十肩と呼びます。

元々この肩が痛みと共に上がらなくなるという症状は、50代の方が掛かることが多く、五十肩ということが一般的であって、四十肩という言葉はあまり聞きませんでした。

しかし段々とこの五十肩も若年齢化が進み、今では四十肩という言葉の方が一般的という気さえします。

この四十肩・五十肩はある日突然となったりするものですので、完全な予防というものは難しいかもしれません。

しかし、それでも日頃からできる予防の方法もありますので、それらをしっかり毎日実行してできるだけ、四十肩・五十肩のあの苦しみを味あわないようにしましょう。

また、万が一四十肩・五十肩になってしまったときのためにも、その治療の方法や治し方などの対策を知っておくことも同時に知っておくことも良いかもしれませんね。

四十肩・五十肩になってしまったら

四十肩・五十肩はしっかりとした治療を行えばちょっと時間は掛かりますが、しっかり完治するものです。

病院が嫌いという人も多いかもしれませんが、四十肩などは放って置き、肩をあまり動かさずにいると逆にその症状を悪化させてしまう場合もあります。

病院が嫌いという人も自分で自己診断は決してせず、必ずちょっとでも怪しいと思ったら専門医に相談をするようにしましょう。

そうしたちょっとした注意で、大きな後悔を避けることができるのであれば、絶対にそれに越したことはないのですからね。