肩の痛みのその他の症状と原因

本当に四十肩?

年齢も四十近くになってきて、ある日急に肩の痛みを感じた。

これってもしかして四十肩!?

そう考えるのはちょっと早急かもしれません。

肩の痛みに関しては四十肩や五十肩だけでなく、その他にも病気や怪我などが原因となっている場合もあります。

それらの症状も四十肩や五十肩と似ているところがありますので、普通の人では中々これらの区別はつけることができません。

四十肩・五十肩は自然と治るものとタカをくくっていると、思わぬ怪我や病気で長引く恐れもありますので、肩の痛みを感じたときには必ず専門医の方の診察をまずは受けるようにしましょう。

四十肩・五十肩以外の肩の痛みの原因には以下のようなものがあります。

腱板損傷
スポーツや普段の生活の中での何かの拍子に肩にある腱板が損傷してしまう怪我です。
四十肩や五十肩のような炎症とは違い、腱が断裂していたり損傷している恐れがありますので、必ず専門医の方の診察が必要となります。

石灰沈着性腱板炎
これは肩の腱板に石灰物が付着し、炎症を起こす症状です。
この症状を確認するためにはX線などを使用して確認をしなければなりません。

腋窩神経麻痺
これは炎症ではなく麻痺によって肩の上部の部分が動かなくなる症状です。
痛みがない、もしくはほとんどないのが四十肩などとは異なるところです。

これらの症状は専門知識がない人が自分で診断することはほとんど不可能でしょう。

不可解な肩の痛みを感じた場合はすぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。