痛み止めのためにできること

痛み止めのためにできること

四十肩や五十肩は治療などを行わなくても自然に治癒するものとしても知られていますが、そういったことはあまり関係なく、ふとしたときに起こる激痛などは非常に大きな悩みの種になります。

電車などでつり革につかまることが恐怖だという方も四十肩や五十肩を患っている方の中には多いのではないでしょうか。

この激痛さえなければ、しっかり運動やストレッチをしておけば決して四十肩・五十肩は恐い病気でもないのですが、痛みだけは本当にどうしようもありません。

普段病院などにあまり行かない人でも四十肩や五十肩のために通院される方は多く、そういった方はやはりこの痛みに耐え切ることができずに病院に行く人も多くなっているようです。

この痛みを和らげためにはやはり痛み止めなどの薬を使用する必要がでてきます。

整形外科などの病院に行くともちろんこの痛み止めは処方してくれますが、市販の薬でも中には効くものもあるようです。

病院には行きたくないという方はまずこの市販の痛み止めを試してみるのも良いかもしれません。

その際にはもちろん薬剤師の方のアドバイスを聞くのが一番良いのですが、症状で探すのであれば「関節痛」や「神経痛」。
親切なものには「四十肩・五十肩」と書かれているものもあります。

どれが一番効くか、など薬剤師さんのアドバイスを聞きながら自分に合った痛み止めを探してみましょう。