五十肩 テーピング

五十肩の治療にテーピングを利用しよう

私が五十肩になってしまったときに、何とかこの症状を軽減したいと考え、日頃からリハビリなどを兼ねて常に方は動かすようにしていたのですが、どうしても痛みによって肩自体を動かせないようなときもあります。

しかし、かといって肩を動かすことをせずにそのままにしてしまうと五十肩の症状はいつまでたっても治りませんし、最悪の場合ずっと肩を動かせないなんてことも。

そんな事態を避けるためにはやはりリハビリを普段からしっかりとして、思い立ったらできるだけ頻繁に肩を動かしてあげるといったことが必要となってくるでしょう。

しかしどうしても痛みで肩を動かす事ができない、なんてこともあると思います。

そういった場合にはお医者さんに相談して、サポーターやテーピングなどを利用するようにしましょう。

テーピングなどは患部を固定するというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、五十肩などの場合、患部の稼動箇所を広げるためにテーピングやサポーターを利用することがあります。

要するに、テーピングをすることによって比較的楽に肩を動かすことができるということですね。

私も実際にこのテーピングはしてもらったことがあるのですが、本当にやるとやらないでは違ってきますので、是非こういったものは利用するようにしましょう。